檜枝岐の由来は、観光業が栄える前に林業が主な産業であった時代、まげ輪っぱに使用される木材の上質なネズコ(クロベ=黒檜ともいう)が採れたため、その名残として現代でも頭文字に旧文字の「檜」の漢字が使用されております。

また、当館前の国道352号線は、古くから旧沼田街道として人々の行き来があり、すぐ近くに「口留番所」という関所がございました。

当時、当館は馬に乗っていらした際の宿場であり、宿の由来は、この関所のかぎを扱っていたため「かぎや旅館」という屋号であったと言い伝えられております。

尾瀬檜枝岐温泉かぎや旅館のホームページにお越しいただき有難うございます。

春は山菜採り、夏は尾瀬や檜枝岐村内のガイド、秋はキノコ採り、冬はスノーシューをやっています。

フェイスブックやツイッターでも旬の情報をお知らせしておりますので、ご旅行の下調べにどうぞご覧ください。

ご旅行の際にご不明な点などございましたら、私までお気軽にご相談ください!

かぎや旅館 公式Facebook

かぎや旅館 公式Twitter

かぎや旅館からのお知らせ

2019.11.01
2019年11月~2020年3月の東武鉄道&会津バス時刻表New

今日から会津バスの時刻表が冬季の運行に変わります。

昨日で御池~沼山峠間のシャトルバス運行が終了し、尾瀬沼方面へ行くことができなくなりましたが、それに合わせ会津バスの終点が御池ではなく中土合公園までとなります。

ご利用のお客様はご参考くださいませ。

詳細はこちら
2019.10.15
御池~沼山峠間シャトルバス運行再開について

台風の影響により運休していました御池~沼山峠間のシャトルバス運行ですが、本日8時30分より運行が再開しました。

今週末が尾瀬の紅葉のピークですのでぜひお出かけくださいませ!

2019.10.14
道路状況と営業再開について

今回の台風19号の影響により通行止めであった国道352号線の栃木方面の道路は通行可能となりました。

また、ミニ尾瀬公園~七入間も本日通行可能となっており、新潟県方面への通り抜けは明日に可能になるとのことです。
(御池~沼山峠間のシャトルバスは本日まで運休ですが、問題がなければ明日以降に再開されると思われます。)

当館の営業は明日15日(火)より再開いたしますので宜しくお願い致します。

2019.10.13
台風19号の影響

このたびの台風19号の影響ですが、檜枝岐村内では12日(土)の夜に停電になりましたが13日(日)の午前7時過ぎに復旧しております。

温泉は停電の影響により供給が止まっておりましたが現在は復旧しております。
なお、アルザ尾瀬の郷と燧の湯は当分の間休館となるそうです。

国道352号線のミニ尾瀬公園~県境は大雨の影響もあり現在通行止めとなっておりますので、本日現在では新潟からの通り抜けや尾瀬沼方面へは行くことができません。

国道352号線の南郷・田島方面の内川地区で道路冠水による通行止めとなっておりますので、舘岩方面経由ですと通行可能です。

道路の最新情報が入りましたらまたお知らせしますが、檜枝岐にお越しのお客様は情報をお確かめの上、場合によっては日程変更をしていただくこともご検討くださいませ。

檜枝岐温泉 かぎや旅館

〒967-0521 福島県南会津郡桧枝岐村居平679

TEL.0241-75-2014 / FAX.0241-75-2271