檜枝岐の由来は、観光業が栄える前に林業が主な産業であった時代、まげ輪っぱに使用される木材の上質なネズコ(クロベ=黒檜ともいう)が採れたため、その名残として現代でも頭文字に旧文字の「檜」の漢字が使用されております。

また、当館前の国道352号線は、古くから旧沼田街道として人々の行き来があり、すぐ近くに「口留番所」という関所がございました。

当時、当館は馬に乗っていらした際の宿場であり、宿の由来は、この関所のかぎを扱っていたため「かぎや旅館」という屋号であったと言い伝えられております。

尾瀬檜枝岐温泉かぎや旅館のホームページにお越しいただき有難うございます。

春は山菜採り、夏は尾瀬や檜枝岐村内のガイド、秋はキノコ採り、冬はスノーシューをやっています。

フェイスブックやツイッターでも旬の情報をお知らせしておりますので、ご旅行の下調べにどうぞご覧ください。

ご旅行の際にご不明な点などございましたら、私までお気軽にご相談ください!

かぎや旅館からのお知らせ

2015.04.19
尾瀬の山開きは5月21日(木)です。New

毎年いただくご質問ですが、ゴールデンウィーク期間中は尾瀬沼方面までは行くことが出来ません。
国道352号線は御池までしか開通しませんし、新潟県側から福島県側への通り抜けは出来ませんのでご注意ください。
道路の開通状況はまた入り次第お伝えいたします。
(燧ケ岳に登ることは可能ですが残雪が多く、完全な冬山ですので装備にご注意ください!!)

2015.03.10
4月以降の宿泊プランを掲載しました!

遅ればせながら4月以降のホームページ予約の宿泊プランを掲載しましたのでぜひご利用くださいませ。

詳細はこちら
2015.01.23
かぎや旅館公式フェイスブックページ

檜枝岐の最新情報や当館のお知らせなどを「尾瀬檜枝岐温泉かぎや旅館フェイスブック」ページにてお知らせしております。
ユーザーの方はぜひ「いいね」をお願いします!
(バナーをクリックでページが開きます。)

詳細はこちら

檜枝岐温泉 かぎや旅館

〒967-0521 福島県南会津郡桧枝岐村居平679

TEL.0241-75-2014 / FAX.0241-75-2271